血液検査

血液検査

血液一般検査とは

血液には多くの成分が混在し、その各成分に関して調べることで病気の異常を早期発見することが可能です。

今回はその成分に関して調べて分かる事に関して紹介いたします。

はじめに、血液検査で使用する成分を紹介いたします。

白血球数、赤血球数、ヘモグロビン値、ヘマトクリット値、血小板数と言った数値を中心に調べています。

それでは、各数値に関して異常な病気の箇所と、数値に関して紹介していきます。

はじめに、白血球数ですが、これは基本的に体内や細菌やウイルスがいる場合は基本的に数値が増加いたします。

体内のこうした菌を外に出すために、この血液中の成分は増加いたします。

慢性的に増加の場合に見られる疾患は、白血病、敗血症と言った血液関係の慢性疾患が該当します。

次に、赤血球数ですが、この数値は体内にいる赤血球の数を測定することで、血液の状態を確認するための数値です。

実は、赤血球数は、多すぎても少なすぎてもいけないことがわかっています。

それは、基本的に、多すぎると血液の粘性がひどくなり脱水症状を起こすからです。

少ない場合は、貧血を疑う目安になります。ヘモグロビン値は、赤血球に含まれている成分が分解された時に発生する数値です。

その数値はが低い場合は、貧血を疑う数値となっているのです。

最後に血小板数ですが、血小板は体内の損傷箇所を固める大切な成分になります。

この成分は体内に傷があった場合、早急に傷を塞ぐといった作用があります。

この成分が少なければ、体内の傷は治ることができないのです。

また多すぎると基本的に、血液の粘度が増し、血管関係の病気や疾患と言ったものになりやすくなります。

こうした病気の疾患に対する目安になるのです。

具体的な疾患名は、血小板減少性紫斑症、急性白血病、再生不良性貧血、悪性貧血と言った血液疾患、肝硬変といった肝機能障害、バンチ症候群、全身エリテマトーデスといった免疫系の疾患のマーカーになります。

また、多すぎる場合は、基本的に骨髄の病気の疾患になることが多いため、慢性白血病といった病気や血栓症といった病気になることが知られているのです。

なお、血液検査は市販されている検査キットにより、生活習慣病、がん、HIV、梅毒、肝炎ウィルスなどのスクリーニングで使用されています。

Menu

HOME

 TOP