超音波検査

MRI

超音波検査とは

超音波検査とは、最近注目されてきている検査でこの検査を行うことによって、放射線の被曝を気にしなくても腹部の様子や、病気の発見に役立つ検査です。

今回は、この検査の原理、該当臓器、検査によってわかる病気、注意点に関して紹介いたします。

はじめに、超音波とは、音を高周波にして人間の耳に聞こえない周波数で、超音波はお腹に障害物があたった時に跳ね返る音波の速度を利用して、お腹の中にある異常を探すのです。

音波のうちでも超音波は、直進性が高く、正確にその場所に跳ね返る性質があります。

つまり、正常な組織の場合には存在することさえ無い影がある場合は、臓器以外に凹凸があるため、通常の臓器以外の異常が見られるのです。

超音波検査の利点は、手軽に費用が安価であるという点や放射線のような危険性が無いので、手軽に病変を見つけることができるのです。

超音波検査で適応できる病気ですが、腹部の疾患が中心で、肝臓、胆嚢、腎臓、膵臓と言った消火器系、膀胱、前立腺、子宮、卵巣といった泌尿器、生殖器系に関しても検査が可能です。

適応する病気の種類も多いのがここ検査の利点で、最新の検査機器ですと、食道、胃、腸といった以前判断しにくい疾患に対しても対応できるようになったのです。

また、妊娠時での胎児の発育の検査にも使用されています。

検査によってわかることは、消化器関係の疾患の腫瘍といった臓器以外に、異変が見られる病気の発見に有効です。

また、臓器の出血といったものに関しても発見することができます。

中でも一番有効的なのは、早期肝臓がんです。肝臓がんは、沈黙の臓器と呼ばれるくらい症状が出ないことが多く、黒い影といった変異によって発見されることが多いのです。

また、胆管にできる結石に関しては、白く影が映るので、症状の発見が非常にし易いとされています。

他にも、脂肪肝、膵臓炎、すい臓がん、腹部大動脈瘤といった病気が発見しやすいとされます。

注意して欲しいのは、お腹の検査の場合は絶食をして検査をする必要があるので、絶食をしても負担がないような生活習慣に検査前にしておくことがポイントです。

また、膀胱の検査の場合は、膀胱に尿を溜める必要があります。

Menu

HOME

 TOP